協和のアガリクス茸、仙生露のワールドネットストア|仙生露シリーズは特別価格+ポイント最大10%還元。セットで買えばさらにお得です。

フリーダイアル0120-878-123 カートの中身
ポイントの確認
HOME ご利用案内 プライバシーポリシー 法律に基づく表記
即日発送、送料手数料無料
初めての方へ総合案内 会員専用ページ 商品カテゴリ
安心の後払い・選べる支払い方法

損害保険サイト


アガリクスサンプルプレゼント

ワールドコーポレーション携帯サイト
医師との相談で適切な利用を。

あいさつ

注目されるがんの科学予防 鈴木信孝 氏

米国並みの開発基準、日本でも

社会の高齢化の中で、いかにがんを予防して行くかという観点から、がんの科学予防という考え方が注目されている。健康食品・サプリメントの標準的な考え方を広く示すことが急務と考え、このシンポジウムを企画した。

がんの化学予防とは、発がんを予防したり、進行を遅延させるために、薬理学的、生物学的、栄養学的な介入を行うこと。なかでも健康食品・サプリメントの役割が期待されているが、それらの大半はまだ科学的な検証が行われていない。とくにその安全性が問われている。

米国では「GRAS」という安全性の基準が作られている。これはある新しい食品についてたとえばどのくらい変異原性(生物に突然変異を起こす力)があるか、過量に摂取したとき、どんな影響があるかなど、決められた項目について検討して報告し、それをパスした食品だけ安全性が認められるもの。日本の健康食品・サプリメントの開発においてこうした食品の安全性の基準を導入すべきである。

一方、米国国立がん研究所(NCI)がん予防部ではラピッドプログラムと呼ばれるがんの予防剤の開発研究がすすんでいる。これまでの抗がん医薬品は、有効な単一成分を見つけ出して利用するものだった。

このプログラムでは複合化学合成物の成分が不明であっても、有効性と安全性が確認されていればそのままがん予防剤として採用しようという試みで、これをボタニカルドラッグ(植物性医薬品)と呼ぶ。大きな新しい動きが米国で始まっている。

 
アガリクス、仙生露、プロポリスのワールドネットストア

株式会社ワールドコーポレーション 営業時間:平日9:00〜17:00 土曜日日曜祝日休み
大阪市西区江之子島1-7-3-1308 Tel:06-6448-3800 Fax:06-6448-3810 Mail:webmaster@world-corp.co.jp

Copyright (C) world corporation co.,ltd. All Rights Reserved.